よくある質問

設計事務所さまや工務店さまからいただいた質問をまとめました。

Q1.木製防火戸は、準防火地域に使用可能ですか?

可能です。防火設備、特定防火設備共に使用可能ですが、遮音性や防犯性の観点から、特定防火設備をお勧めします。

Q2.一般住宅の玄関(外部)に使用可能ですか?

可能です。耐水合板・ウレタン塗装仕上げで外部にも使用可能ですが、木の性質上、直接雨が当るような場所での使用はなるべく避け、雨よけや風除湿等を設けた方が長持ちします。

Q3.ガラスを用いることはできますか?

可能です。ただし、ガラス入りは防火設備(旧乙種)のみとなります。ガラスの一枚幅はW190×H1800までとし、扉1枚に使用できるガラスは2枚までになります。

Q4.木製防火枠は製造可能ですか?

可能です。全ての製品ラインで木製三方枠をご用意しております。ただし、枠の取付工事は当社外工事となります。

Q5.スチール枠に取付することは可能ですか?

不可能です。
当社認定は木扉+木枠で認定を取得しているため、木枠のみの対応となります。
しかし、防火戸ではなく不燃扉の場合は木枠、スチール枠どちらでも対応可能となります。

Q6.遮音性能はどうなっていますか?

T2レベル(木製品では業界トップレベル)の遮音性を有しています。証明書を提示することも可能です。さらに2時間耐火防火戸だとT3レベル(木製品では限界値)の遮音性を有します。

Q7.引戸タイプや両開、袖付、親子開は製造可能ですか?

可能です。全て認定商品として、個別に認定を取得しています。
ただし引戸タイプに関しては、防火設備のみ、ガラス入不可となります。

Q8.自社生産ですか?

打合せから製図、製作、取付、アフターケアまで、一貫したトータルコーディネートを自社で行っております。

Q9.一本からでも発注可能ですか?

可能です。弊社の製品は全て受注生産となります。本数に関わらず、お客様とご相談の上、仕様決定、採寸、製作致します。

Q10.常開式防火戸は可能ですか?

不可能です。弊社の製品は全て常閉式防火戸となります。ドアチェックにストッパー等を取付することはできません。

Q11.格子やガラリを用いることはできますか?

不可能です。機密性が損なわれる仕様に関しては一切不可です。ただし、ガラリや格子風の模様を扉表面に面付することは可能です。

資料請求・お問合せはこちら